Skip to content

ニキビケアは、しっかり行いましょう

思春期の頃、次から次へと頬等に発生するニキビで、頭を悩ませた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

嘗ては、一つ一つ潰す事が当たり前、そう認識されていた節があります。

しかしそれは、間違ったニキビケアの方法であり、根本的な解決策であるとは言えません。

そもそも大人を悩ませるニキビと、思春期のニキビとは若干異なります。

大人ニキビのメカニズムは、古い角質が蓄積したり肌が乾燥する事にあると考えられているのです。

他人に比べ、皮脂が多く分泌されている訳でもないのに、ニキビがよく出来る方はケアが間違っているかもしれません。

部位によってニキビケアの方法も異なりますので、自分に合った方法を選び肌トラブルの解消を目指しましょう。

まずTゾーンに発生するニキビは、毛穴が詰まる事によって引き起こされると考えられています。

出来るだけ低刺激の洗顔料を使って毛穴の汚れをしっかり落とし、洗顔後は美容液等で栄養分を補給してあげると効果的です。

頬をはじめとしたフェイスラインは、Tゾーンに比べ角質が厚いので、毛穴が詰まりやすいという特徴があります。

ストレスや洗顔料等の残りが原因となっているかもしれませんので、それらを除去するだけではなく徹底した保湿が必要です。

顎付近に出るものは、心が不調の時に出やすい部位だと言われています。

ストレス解消を心がけ、刺激になるものは出来るだけ避けて下さい。

汗をかきやすい背中や胸元は、汗をかきやすいので蒸れる傾向にあります。

こまめに拭いて肌に優しいボディーソープを使い、優しく洗ってあげる事が大切です。

ホルモンバランスの乱れも、ニキビが発生する原因の一つだと考えられていますので、気になる方は医師に相談して下さい。

自分に合ったニキビケアを行い、笑顔溢れる毎日を目指しましょう。

Published inニキビケア方法